top of page

「おたより」を始めます!各地での歩行と思考をお届けします。

Transfield Studioは、活動を開始した2018年から断続的に国内外各地でフィールドワークを重ねてきました。ある土地について考えることが、自分が普段いる土地や他の土地を考えることにも重なっていく。そうした経験の上で、ツアーパフォーマンスを作っています。

今年は、「島」「半島」という形を手掛かりに台北とソウルでのリサーチ、シンガポールでリクリエーションの発表を予定しています。そして、最終成果としての作品発表だけでなく各地でのフィールドワークを通じた思考や経験を有料の「おたより」として発信することにしました。五月雨な経験がツアーとして形作られていく過程や、色々な場所の様子を楽しんでもらえる内容となる予定です。
ツアーという形式だけでなくさまざまなやり方で、人の集まりや、いる人たちで考えること、いるための場所のことを考えてみます。

「おたより」は月に2通、メールに添付したPDFデータとしてお届けする予定です。ご自身でA3サイズに印刷して読んでいただいても構いません。まずはお届けし続けてみようと思います。
金額の多少に関わらず、届く「おたより」の内容や数は変わりません。頂いた購読料は、渡航費や宿泊費、作品制作費など、Transfield Studioの活動全般に充てさせて頂きますので、お好きな金額をお選びください。
購読を通じて、2024年の私たちの活動がこれからどのように結実していくのか、その検討やの様子や変化も見守ってください。

​●おたより最新号(9号)

​台湾からついに帰国。今回は台湾滞在を振り返る文章をお届け。

おたより購読はこちらから

Transfield Studioへのドネーションもお待ちしています!

「おたより」の有料購読とは別に、寄付という形でのTransfield Studioへのサポートも募っています。
海外でのリサーチ・作品発表の予定が続き、国内での作品発表の機会を増やせず、活動資金が不足しています。私たちの活動においては、様々な土地を訪れて考えることが最も重要です。作品や公演という形になるまでに必要な時間を取りながら、満足いく発表に辿り着けるよう、サポート頂けたら嬉しいです。

 

●金額

- 36,000円以上よりお受けいたします。


●リターン
- 公演や活動報告等の際には優先的にご案内/ご予約の受付をいたします。
- 「おたより」を毎回PDFでお送り
します。

- 2024年度末に印刷製本版「おたより」をはじめ、活動の中で制作する紙媒体をお送りします。
- 2024年度内の対外的な発表(作品やアーカイブ等)に、スポンサーとしてお名前をクレジットさせて頂きます。記名の可否や表記内容は、掲載予定のある際に都度確認いたします。

詳細については、問い合わせフォームよりご連絡ください。

バックナンバー

​おたより1号

ヌトミック × 2.5 architects「しらふの地先へ」の鑑賞後、ツアー形式の上演における演出のこと、鑑賞や人の集まりについて二人で話した記録

長野県上田市のリベルテについてのお話と、荒川の堤防探検に参加してきたお話し

​おたより2号

​おたより3号

台湾への出発を前に、リサーチレジデンスに持っていくものリストと地図(移動の骨子になる道の情報)

台湾滞在数日目に見えてきた関心や、Transfield Studioのフィールドワーク観、並行して読んでいる本のことなど

​おたより4号

​おたより5号

武田が日本に一時帰国中のため、リサーチの様子を共有する日誌の抜き書きをお届け。

​おたより6号

人はどのように土地の形質を用いて大きな物事を成そうとするのか、高さにフォーカスして考えた台湾滞在。主に中央山脈沿いを通りつつ、西から東への横断も行い、台湾を一周しました。3時間前に帰ってきたばかり、写真メインの撮って出しレポート。

​おたより7号

4月18日から続いた台湾滞在。その締めくくりとしてトレジャーヒル・アーティスト・ヴィレッジにて展示をしました。その展示内容を詳細レポート。

​おたより8号

前号でレポートした展示に加えて発表したツアーパフォーマンス。各自のスマホでオーディオガイドを聴きながら、ヴィレッジの中を一緒に歩いて進んだ、そのツアーの内容をまるっとお届け。

bottom of page